岐阜県大垣市の矯正歯科、予防歯科、小児歯科、小児矯正

閉じる

お子さまの虫歯治療

Caries treatment

お子さまの虫歯治療CARIES TREATMENT

虫歯の原因

むし歯の原因には、「歯の質」「糖質(砂糖など)」「細菌(ミュータンス菌)」の3つの要素があります。

これらの3つの要素のバランスによって虫歯になりやすい環境かどうか、また、虫歯の進行具合などにも影響します。

虫歯は一度かかると再発しやすく、 虫歯治療をくり返すことで、歯の寿命を縮めてしまうことにもなります。

お子さまの大切な歯を虫歯から守るためにも正しい知識と正しい生活習慣を身につけましょう。

むし歯菌は
親からうつる事が多い

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には細菌も少なくとてもきれいです。

その後、離乳食やおしゃぶりなどからさまざまな菌が口内に入ってきます。 むし歯菌もその一つです。

特に親から口うつしで食べさせたり、スプーンやフォークを一緒に使うことなどが原因でむし歯菌が口内に入り、むし歯の原因になる事が多くあります。

虫歯予防は乳歯が生えてくるおおよそ18カ月から36カ月までが大切

乳歯が生えてくるおおよそ18カ月から36カ月までの間は、むし歯の原因となるミュータンス菌が親から感染しやすい時期なので特に注意が必要です。

ただし、むし歯菌は、風邪などのウイルスなどと違って、すぐにむし歯へと発症するモノではありません。

実際にむし歯になるかどうかは、甘いお菓子や砂糖類の摂取頻度や歯みがきといった普段の生活習慣によって決まります。

あまり神経質になりすぎることはありませんが、むし歯にならないように気を配る事が大切です。

同じ虫歯でも、大人と子供では虫歯の進行速度が違うことをご存知ですか?

実は乳歯や生え替わったばかりの永久歯は、大人の歯に比べやわらかく、虫歯にかかるとどんどん進行してしまいます。

このことから、子供の虫歯は、早期発見・早期治療がとても重要になります。

子供は自分ではお口の変化に気づきにくいので、できるだけ保護者の方が歯磨きや仕上げ磨きの際に口内環境を見てあげることが大切です。

定期的に歯科医院でのプロの目によるチェックがオススメ

定期的に歯科医院でのプロの目によるチェックを受けると安心です。

また、お子さま自身に歯磨きの習慣をつけてあげるのはとても大切なことです。

お子さま自身でお口の中をきれいにブラッシングすることはなかなか難しいので、親御さんによる仕上げみがきがとても重要になります。

ポイントを押さえ、毎日しっかり続けてあげてください。

当院ではブラッシング指導も行っていますので、正しいブラッシング方法を身につけお子さまの虫歯予防に役立ててください。