岐阜県大垣市の矯正歯科、予防歯科、小児歯科、小児矯正

閉じる

小児矯正の流れ

Flow of correction

当医院独自の“5S”歯列矯正5S CORRECTION

田中矯正歯科こども歯科・矯正歯科部門では、“5S”に基づく矯正治療を行なっています。

1.Safe(安全)

歯科用CTを導入にし、顎関節の位置および形態が正常かどうかを事前に精密検査してから治療に入ります。

歯槽骨内に歯があることを確認した上で治療計画を立案し、治療していきます。

矯正治療に用いるプライヤー、歯を削るタービンなども殺菌処理を行っています。

熱と気圧による殺菌ができない器具、錆びやすい器具でも、大学病院などの大きな施設で手術器具を消毒する際にも使用されているガス滅菌にて滅菌し、安全な状態で治療を行います。

2.Short(治療機関の短縮)

当医院では外科的切開を行うコルチコトミーという矯正は極力控え、患者さんの負担を最小限に抑えた歯列矯正を行っています。

この症例はブラケット装着後8ケ月で終了しています。

平均的な症例では、動的矯正歯科治療は1年6ヶ月を目指しています。

3.Small(低侵襲)

上段のような頬粘膜や口唇に口内炎ができやすいループが入ったワイヤーは使用せず、下段のシンプルなストレート・ワイヤーを使用し、患者さんの負担が少なくなるよう配慮しています。

また、ヘッドギヤーやチンキャップなどの顎外装置は使用しません。

顎間ゴム、マイクロ・インプラントも極力使用しません。


複雑なワイヤーは使用しません


シンプルなワイヤーを採用

4.Save(治療費の保全)

「より安全に」「より正確に」「より早く」を心がけ歯列矯正を行っています。
万が一、治療期間が伸びた場合でもブラケットによる矯正歯科治療が3年以上の方は、毎回の調整料はいただきません。

5.Single Treatment Goal(共通の治療目標)

当医院では、横顔のシュミレーションと治療後の歯並び噛み合わせを予測シュミレーションし治療前に提示します。

写真は、左が治療前、右が治療後の予測になります。

こちらの写真は、矯正歯科治療後の実際の写真です。

ほぼ矯正前にシュミレーションした写真と近似していることがご理解していただけると思います。

下の写真は、顎の関節が正しい位置で付着された治療前の模型です。

下の写真は、治療前に製作した治療後の予測模型です。理想的な歯並びと噛み合わせで配列されています。

治療前に治療後の予測模型を製作し、理想的な歯並びと噛み合わせを矯正歯科医師と患者様との共通のゴール設定として、治療を進めていきます。

さらに、共通のゴールを達成するために、患者様1歯ずつ精密なブラケットを作成し、矯正歯科治療を開始していきます。

院長オリジナルの歯列矯正方法

この歯列矯正方法は、1998年に院長が日本矯正歯科学会雑誌 Vol.57 No.4、に投稿した論文に基づいた院長独自の歯列矯正方法になります。