岐阜県大垣市の矯正歯科、予防歯科、小児歯科、小児矯正

閉じる

院長ごあいさつ

Greeting

院長ごあいさつGREETING

1960年5月 大垣市生まれ
1985年3月 日本大学松戸歯学部 卒業
1989年3月 日本大学大学院松戸歯学研究科
博士課程 終了
(同大学院 矯正歯科学専攻)
1989年4月 日本大学松戸歯学部
矯正研究室の助手として勤務
1990年4月
日本大学松戸歯学部矯正研究室
非常勤講師
1990年5月 大垣にて 
田中矯正歯科医院 開設

田中矯正歯科こども歯科のフィロソフィー

30年近く大垣市の大垣駅から比較的近い、大垣市郭町で矯正歯科診療をメインで診療していましたが、開業当初から小児歯科をやりたいと思っていました。

一貫口腔育成とでもいいましょうか、小さい頃から成人になるまで、どこに出ても恥ずかしくない、生涯困る事のない口腔内を育成していきたいからです。

茂木悦子先生、宮崎晴代先生、一色泰成先生の論文によると、
『これまで300人以上の8020(「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動)達成者の歯を調査した結果、ほとんどの8020達成者は咬み合わせが良く、驚いたことに私たち歯科矯正医の治療の対象となる歯並びのケースはほとんど見当たりませんでした
とあります。

当医院では、開口、反対咬合などの気になる歯並びを早期に治し、虫歯も不正咬合もない健全なお子様の口腔育成を実地して行く事で、お子様が将来8024~8028に繋がるものと確信しています。

この度、医院を継承できる歯科医と共に、長年の願いであった小児歯科を併設する運びとなり、大垣市南高橋町3-34-1に移転することになりました。

大垣駅から若干遠くなりますが、駐車場スペースは、今以上に拡張し、20台近くの駐車スペースを確保いたしました。

日本の将来を担うお子様の総合的な健康管理ができるよう、ボルダリング、うんてい、バスケットゴール、滑り台などをそなえたマイ・キッズ・ランドを併設しました。

また、小さな赤ちゃんをお持ちのお母さまが安心して治療に専念できるよう、託児室、ファミリールームも併設しています。

大垣に在住するお子さまが、虫歯も不正咬合もない健全な口腔育成に力を注ぎたいと思います!

医療法人 機能美会
田中矯正歯科こども歯科
院長 田中 勝治

論文発表&学会発表

論文発表

矯正歯科治療のための抜歯に関する一考察
~開咬症例にフォーカスを絞って~

田中勝治
ザ・クインテッセンス、vol.21 No.4、P179-191、2002年

矯正歯科治療のための抜歯に関する一考察
~叢生症例にフォーカスを絞って~

田中勝治
ザ・クインテッセンス、vol.20 No.8、P173-186、2001年

Relationships among facial type,buccolingual molar inclination,
and cortical bone thickness of the mandible.

Toyohiko Masumoto,Ikumasa Hayashi,Akira Kawamura,Katsuji Tanaka,Kazutaka Kasai
European Jounal of Orthodontics23, P15-23, 2001年

矯正治療中において下顎を中心位 に位置づけるための考察

田中勝治、義澤 裕二
日本顎咬合学会誌、Vol.19 No.3、P319-327、1998年

矯正治療中に下顎を中心位 に位置づけるためのインダイレクトボンディング法

田中勝治、三根 治、義澤裕二、葛西一貴
日本矯正歯科学会雑誌、 Vol.57 No.4、1998年

舌側装置による矯正治療-上顎の治療システムの簡略化について

義澤裕二、田中勝治、三根 治、林 揚春
矯正臨床ジャーナル、第13巻、第10号、p67-85、1997年

舌側装置による矯正治療-力学的考察について

義澤裕二、田中勝治、三根 治
矯正臨床ジャーナル、第21巻、第10号、P51-66、1996年

学会発表

顎関節を配慮した矯正治療

田中勝治
第3回日本顎咬合学会中部支部学会、1998年、10月

下顎頭の顎関節窩内での安定化とその臨床的意義

池田和己、酒井 優、足立 敏、青木英明、田中勝治、三木正夫、
白井英俊、中島祥博、 池田伊佐世、高橋一朗
第57回日本矯正歯科学会大会、1998年、10月

顎関節を配慮した矯正治療 その1 中の重要性について

安田孝司、田中勝治、白井英俊、葛西一貴
第57回東京矯正歯科学会大会、1998年、7月

顎関節を配慮した矯正治療 その2 矯正治療の顎関節症へのアプローチ

田中勝治、安田孝司、中島祥博
第57回東京矯 正歯科学会大会、1998年、7月

A trial for maintaining the stability of Centric relation during
Orthodontic treatment.

TANAKA K.
Roth / Williams International Society of Orthodontist 5th Annual
Meeting、May 21-23, 1998.

Indirect Bonding System for Locating the Mandible in
Centric Relation during Treatment.

TANAKA K., MINE O., YOSHIZAWA Y.,KASAI K.
98th American Association of Orthodontists(アメリカ矯正歯科学会)May 15-20, 1998.

矯正治療中において下顎を中心位に位置づけるための考察

田中勝治、三根 治、義澤裕二
第16回日本顎咬合学会学術大会、1998年、4月

下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクト

田中勝治、義澤裕二、三根 治
第56回日本矯正歯科学会大会、1997年、9月

舌側装置による矯正治療-上顎の治療システムの簡略化について

義澤裕二、田中勝治、三根 治
第56回日本矯正歯科学会大会、1997年、9月

舌側装置による矯正治療-力学的考察について

義澤裕二、田中勝治、三根 治
日本舌側矯正学会、1997年、9月

舌側装置による矯正治療-力学的考察について

義澤裕二、田中勝治、小川武志、三根 治
第55回日本矯正歯科学会大会、1996年、10月